4.Mixに必要な機材1 ハードウェア

目次

ミックスを行う上で必要なハードウェアは以下の通りです。今回はPCを使ってミックスの作業を行う前提で書いています。
MTR(マルチトラックレコーダー)を使用してMixを行う方もいらっしゃいますが、今回は省略します。

  • PC
  • オーディオ・インターフェース(Audio I/F)
  • ヘッドホン
  • モニタースピーカー
  • ケーブル

(レコーディングを行う場合は以下も必要)

  • マイク
  • マイクスタンド
  • ポップガード(ボーカル録音の場合)

(打ち込みを行う場合は以下があると便利 ※必須ではありません) 

  • MIDIキーボード

1.1 PC

必須です。なるべく処理の早いタイプのをおすすめします。
OSはWindows、Mac、どちらの環境でもMixを行う為のソフトは揃えられますので、使いたいソフトによって選択しましょう。
64bit対応OSが出回っています。64bitでは主に使用できるメモリの量が変わってきます。メモリは多く積んだ方が有利なので、他の機材のドライバが64bitOSに対応している場合は、64bitOSを選択した方が無難です。後述するDAWも32bitOSのソフトを起動することは出来ますので、ソフトが対応していなくても作業は可能です。

1.2 オーディオ・インターフェース(Audio I/F)

f:id:HoriKirin:20110110225246j:image
音の出入り口になります。
録音を行わない場合は必要ないと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、良い音質で作業するためには是非揃えておいた方が良い機材です。録音を行う場合は是非導入して下さい。PC付属のマイク端子や、Line端子に比べて格段に音がよいです。
アウトボードと呼ばれるハードウェアのエフェクトを使用する場合は、一度音のデータを外に出して、再度入力する必要があるため必須の機材になります。
  
○レコーディングを行う際は以下にも気をつけましょう。

マイクプリアンプ

マイクプリアンプとは、マイクの音量を増幅する役目を担う機能です。マイクプリアンプの質が良ければ良質な録音が可能となります。これは実際に試してみるしか確認出来ませんが・・・
  

ファンタム電源の有無(phantom powering)

ファンタム電源とは、コンデンサーマイクまたはアクティブタイプのリボンマイクを使用する際に必要になる物です。48Vの電源で、オーディオ・インターフェースの機能として付属している物といない物とがあります。コンデンサーマイクを使用する際は必ずファンタム電源が付属している物を選択して下さい。
  

入力端子の数

入力端子の数に伴って同時録音出来る数が変わります。ドラムの録音や、バンドで一発録音を考えてる方は、接続するマイクの数も多くなるので入力端子が多い物を選択しましょう。
  

ハイ・インピーダンス対応の有無 (Hi-z)

エレキギターなどの楽器をライン録音する際に必要な機能になります。用途によって対応の有無をチェックしましょう。(機能がない場合でも、コンパクトエフェクター等を通してからオーディオIFに繋げば録音は可能)
  

サンプリング周波数、量子化ビット数

A/Dコンバータでアナログ信号をディジタル信号に変換する際の”細かさ”の指定になります。両方とも数字が大きいほど高音質での録音が可能になりますが、大きいほどデータも大きくなります。CD音質が44.1kHz/16bit(サンプリング周波数/量子化ビット数)となっていますので、最低限この数字があれば問題ないと思われます。
  

1.3 ヘッドホン、モニタースピーカー

編集結果を確認するために必要な機材になります。
なるべくMixをしやすい物を選択する必要があります。選択の基準としては、以下を参考にして下さい。
  

周波数特性がフラットであること

Mixを行う際は、”他の環境で聞こえる音はすべて聞き取れる” 状態で行わなければなりません。自分の環境では聞き取りにくい高さの音だったから気にならなかったが、他の人が聞いたら気持ち悪い音が載っていたら良いミックスは行えません。なので、低音から高音まで、際だって大きい箇所のなく出音してくれるヘッドホンやスピーカーを選ぶ必要があります。
  

定位が判りやすい物を選ぶこと

Mixを行うとき、”音がどの位置から鳴っているのか”といった内容を意識しながら作業をします。ヘッドホンやスピーカによってその位置のイメージがしやすい物とそうでない物があります。そのような観点で実際に出音を聞いて確認するとよいと思います。
  

密閉型のヘッドホンを選択すること(レコーディング時に使用する際)

ヘッドホンでオケを聴きながら録音を行う場合、ヘッドホンから漏れる音を集音しないために密閉型のヘッドホンを選択します。レコーディング時は半密閉型や開放型の物は選択しないようにしましょう。
   
また、スピーカーやヘッドホンを選ぶ際に「モニター用」と銘打たれている物があります。通常のリスニング用と機能的に異なる部分は特に有りませんが、レコーディング、ミックス、マスタリング用に設計されている物となります。
  

ケーブルについて

DTMやMix、宅録などを行う際に使用するケーブルにはいくつか種類があります。Mixの入門書などには、この手の知識については書かれていないことも多いので、予めある程度の知識を持っていた方がよいです。
  

1.4 音響機器と接続するケーブル

マイク、モニタースピーカー、シンセサイザーやギター、あとアウトボードの類に接続するケーブルについての説明です。
使用するケーブルにはプラグの形状がいくつかありますが、その中の代表的な物を紹介します。
この項目で記載されているケーブルについては自作することができます。機材が増えるにつれケーブルの本数が必要なシチュエーションが出てきます。そういったときに、自作では上等なケーブルを使用してもコストを抑えることができますので、こちらも覚えておいた方がいい知識です。
  

バランス型とアンバランス型

プラグの形状にはいくつか種類がありますが、使用するケーブルの種類は主に”バランス型”と”アンバランス型”の二種類に分類されます。
この二つの違いは、主にケーブル内の信号を通信する線の本数の違いです。バランス型は線の本数が3本。アンバランス型は2本です。
音質的には、バランス型のケーブルはノイズを除去することができるため、アンバランス型より長い線を使用してもノイズが載りにくいという特性があります。ただし、ノイズを除去する回路を通す際の音質変化を嫌いアンバランス型のケーブルを好む人もいるようです。
  
バランス型、アンバランス型の違い 

線の本数 ノイズ 音質
バランス型 除去する 変化する
アンバランス型 除去しない 変化しない

  

プラグの形状

プラグの形状について説明します。
主に以下の物を知っていればだいたい問題ないと思います。機材を購入する際は接続できる端子の種類を把握するように心がけてください。
  

XLR端子(キャノン端子)

f:id:HoriKirin:20100110215607j:image
主にマイクを接続する端子です。バランス型の端子になります。マイクの他にもスピーカー等にも接続する際に使用します。
  

TRS端子(フォーン端子)

f:id:HoriKirin:20100110215317j:image
(写真はアンバランス型のもの)
  
この端子にはバランス型とアンバランス型の二種類があります。
見分け方は、端子についている絶縁体の本数で判断できます。
一本の時はアンバランス、二本の時はバランス型となります。
ギター、ベースをはじめとする楽器類で多く利用されています。
また、スピーカーの接続でも使用します。
  

RCA端子

f:id:HoriKirin:20100110220119j:image
RCA端子は主にスピーカーや、一般的に使用するCDコンポなどを接続するときに使用します。アンバランス型です。
  

1.5. ヘッドホンと接続するプラグ

ヘッドホンとAudioI/Fを接続する際に使用するケーブルについて代表的な物を例に挙げます。
  

ステレオミニジャック

f:id:HoriKirin:20100110215046j:image
(写真上、変換アダプタ 写真下、ステレオミニジャック)

ほとんどのヘッドホンがこの形状の物となります。フォーン端子(バランス型)をそのまま小さくしたような形状です。単にミニジャックと呼ばれることもあります。
また、ほとんどのAudioIFではこの形の物を利用できない場合も多いので、変換アダプタを噛まして接続します。変換アダプタはヘッドホンを購入した際に付属してくるのでそれを使用するか、別に売っている物を購入して使用します。(数百円から販売しています)変換アダプタを購入する際は以下の点に気をつけて下さい。
  
・ネジ式かどうか
ヘッドホンの端子の部分にネジが付いている場合はネジ式を、そうでない場合はネジ式以外のアダプタを購入して下さい。間違えると接続できなくなります。
  
・ステレオのアダプタであること
モノラルのアダプタを購入しないようにして下さい。見分け方は、フォーン端子と同様に絶縁体の本数が2本あることで見分けられます。
  

標準プラグ(フォーン端子)

f:id:HoriKirin:20100110214437j:image
バランス型のフォーン端子と同様の物になります。この形のプラグだった場合は、たいていのAudioIFと接続することが出来ます。iPod等のプレイヤーには接続できないことが多いです。その場合はステレオミニジャックへの変換アダプタを噛まして下さい。
ほとんどのヘッドホンはステレオミニジャックですが、プロ向けのヘッドホンではMDR-CD900ST(Sony)のように標準で標準プラグの場合もあります。
  

1.6. PCと接続するケーブル

AudioIFとPCを繋ぐケーブルはディジタル信号を通信するケーブルになります。こちらでも、ディジタルデータのロスが少ない高級なケーブルを使用すると音が良くなると言う触れ込みの広告がありますが、自分はしっかり試したことがないので、何ともいえません。
幾つか規格があるので、自分のPCと接続できるか確認してからAudioIFやPCを選択するようにして下さい。
  

USBケーブル

f:id:HoriKirin:20100110222047j:image
比較的安価なAudioI/Fによく搭載されている規格です。PC側はほぼすべての物が対応しています。
ケーブル中に電源を持っており、バスパワーで駆動するAudioIFも幾つかあります。(AudioIFからコンセントに繋いで電源を供給する必要がない)
USBの中にも幾つか規格があり、USB1.0 USB2.0 USB3.0 の3種類があります。数字が大きくなるほど転送速度が早くなっています。現在ほとんどのAudioIF側では大体がUSB2.0までになっていて、USB3.0が求められることはほとんど無いと思います。この規格は互換性があるので、USB1.0のAudioIFとUSB2.0のPCを接続しても問題なく駆動します。AudioIF側でUSB2.0が求められている場合はPC側もUSB2.0で接続した方が無難です。
  

FireWireケーブル

f:id:HoriKirin:20100110222211j:image
(画像はFireWire400ケーブル)
Macでよく使用されているケーブルになります。WindowsではIEEE1394、iLinkなどと呼ばれている物と同様の物になります。
FireWireには規格が二つあり、FireWire400とFireWire800が有ります。こちらも互換性がありますが、端子の形状に互換性がないため、FireWire800のPCにFireWire400のケーブルを接続する際はアダプタが必要になりますので注意して下さい。現在FireWire800のAudioIFは稀であるという印象を受けます。