サラウンドヘッドホンを利用したDTM 5.1ch環境構築4

 

4回目です。

更新間隔開いてしまいました。すみません。

前回構築した環境は以下になります。

 

PC→(内蔵)XONAR HDAV13 SLIM/A→(HDMI接続)→MDR-DS7500

 

で、まぁ、実際やってみた結果ななんですが。結構苦労しました。

同じ環境を構築しようと検討の方はご一読をおすすめします。

 

■XONAR HDAV13 SLIM/A ドライバのインストール

今現在付属されているDVDはどうなっているのかはちょっと判らないんですけど、私が購入したバージョンでは32bit版のドライバしか入っていませんでした。(確か32bit版であるという明記はなかったはず。)

まぁ、当たり前なんですが32bit版のドライバを64bitOSにインストールすると不具合を起こします。

起動しなくなる、画面が映らなくなる等の致命的な状態にはなりませんでしたが、非常に挙動が重くなりブラウザを含む殆どのプログラムが起動出来なくなってしまいます。そして64bit版のドライバをメーカサイトからダウンロード出来ないという事態に・・・

64bitOSを利用の場合はDVDからのインストールをしないでメーカサイトからダウンロードしましょう。

 

■謎の挙動

現在最新ドライバ(2012年6月)を入れれば解決されましたが、はじめドライバを入れたときは、センターとサブウーハーが入れ替わっていました。

DAWで利用する場合はセンターとサブウーハーのチャンネルを入れ替えて出力するようにすれば良いだけなので、特に問題有りませんでしたが。

 

■Asioについて

これに関しては一応特に問題なくできました。レイテンシも問題なかったです。

Asioドライバはドライバインストール時に同様にインストールされるようです。通常のオーディオIFと同様の設定になるので、各Dawの設定方法に沿って設定を行えば出来るはずです。

 

 

■最後に

一応これでこのテーマの記事は最後にしようと思います。

出来れば5.1chの音源を作成してみたかったんですが、結構難しくてですね。

いつかうまくいったらどこかに発表したいとは思います。

ぶっちゃけこの構成だと前後の定位感があまりハッキリとは判らないので、真面目にやるならスピーカー立てるしかないと思います。